家のローンは何歳までに完済するべき?

人生で一番大きな買い物といえば住宅ですね。住宅の購入はローンを組んで購入することが当たり前となっています。ローンは最長で35年の返済期間が与えられますが、安易に35年のローンを組む事はあまり良くないと言われています。それは一体なぜなのでしょうか?そして何歳までにローンを完済させると良いのかについて調べてみました。

まず、35年の家のローンを組める年齢は45歳までとなっています。45歳以下だからラッキーだと思って、安易に35年にしてしまうことは危険です。確かに家のローンを35年にすると、毎月の返済額が少なくて生活が楽になるというメリットがあります。そのため、35年のローンを組む人は少なくありません。ですが、35年のローンを組むと将来的に返済に困る可能性が出てきます。何故かと言うと45歳のときに35年のローンを組むと、80歳までローンを払い続けなければいけないからです。60歳で定年退職し、年金を貰えるのが65歳。60歳以降の再雇用もありますが、収入は以前ほど多くはないはずです。ですから、年金をローンの返済に当てることに繋がり老後の生活に不安をもたらします。また、退職金をローンの返済に当てればよいという考え方も危険です。終身雇用が一般的だった時代は退職金も多く、返済に当てることが出来ましたが今の時代では退職金に期待することができません。ですから、家のローンはなるべく60歳までに完済することが良いといえるでしょう。